FXトレードのローソク足の種類を知って使いこなす

FXにおけるチャートの概念

FXにおけるチャートは、ある通貨の過去の値動きをグラフに表し、可視化したものです。

FXは、通貨の値動きを予測して行うトレードですから、値動きを具体的にイメージする上で、チャートは非常に重要な意味を持ちます。

チャートの分析なくしてFXで儲けを生むことなど不可能であると言っても過言ではないでしょう。

もちろんチャート分析の大前提となるのが、値動きの具現化、イメージ化です。

ただ、チャートを分析することによって得られる情報は、もっと奥が深いと考えるべきです。

そもそもFXの取引では、結果として過去の値動きがどうであっても、自分の取引のプラスマイナスには一切無関係です。

トレードにおいて自分のプラスかマイナスかにかかわるのは、すべて未来の値動きなのです。

FXにおけるチャートは、もちろん目の前にイメージとして現れているのはすべて過去のデータですが、それを分析して未来の値動きを予測するための必須アイテムなのです。

FXのチャートにはどんな種類があるのか

それでは、ここからはFXで用いられるチャートの種類についてそれぞれ簡単に説明します。

ローソク足

FXに限らず、多くの金融取引に用いられるチャートは、どれもローソク足(バーチャート、もしくは単に足)と呼ばれる時系列の評価額の集合体の形を採用しています。

ローソク足が表しているのは、始値、終値、高値、安値の4つのデータです。

ローソク足の中でも、1週単位で値動きを探りたいときには週足を用い、1日単位では日足、分単位ではそれぞれ五分足、三分足、一分足など、かなり細分化されたチャートをつかいます。

長期的なスパンで値動きを探るときには、1か月単位の月足チャートをつかうこともあります。

どのチャートも得られる情報は、単位期間あたりの値動きです。

ただ、そこから読み取ることができる内容がそれぞれ大きく異なりますので、どんな情報を知りたいのかによって、チャートをつかい分ける必要があります。

折れ線足

FXで一般的なチャートはローソク足です。

ただ、ローソク足ではデータが多すぎて煩わしいときには、終値だけを直線的にイメージ化した折れ線足と呼ばれるチャートを用いることもあります。

使用頻度としては決して多くないチャートであると言われますが、つかい方を知っていると便利なことも多く、折れ線足を頻繁に使用するトレーダーも意外と多いです。

チャートの種類を知ったからといって、FXで好結果が出るものではありません。

ただ、知らなければ間違いなく失敗することになりますので、FXで勝ちたいなら、チャート分析の手法はしっかりと身につけるべきです。